2009年10月2日金曜日

広尾に、す、すごい和食屋さんがぁ~。

いやはや、んまかったぁ。
感動した。
想像以上だった。
とある寿司屋の板長から紹介してもらった広尾の和食屋さん。
なんでもマグロの仕入先が一緒なのだとか。
(有名寿司屋さんがこぞって取引するマグロやさんだよ)
は~~っ、もう正座して御礼を言いたくなるくらいおいしかった。
いまや星付きで有名になっちゃった「小十」と「かんだ」は、
大好きな和食屋さんだけど、
うう~~む、そこに勝っちゃうかもなぁ・・・・ってくらい。



ゆずのお白湯のあとまずは先付け。
鮑とマツタケ。
鮑が厚みがあって、ものすごい旨味。
下処理が上手なのか・・・・。
マツタケも質がいい。



伊勢海老のシンジョ。
感動。
ブリブリの身。柔らかさもある。
味噌が甘くて上品。もちろん臭くない。
淡いけどしっかり芯のあるお汁。
すごい。



きたよ、マグロ。
私は、淡く昆布の旨味がきいたこりこりの白身に感動。
で、ここは器もいい。
これだけでも価値がある。



アナゴのおこわ。
う、う、うまい・・・・。
アナゴ、私好きじゃないけれど、ここのはしっとり感があっておいしい。
おこわの堅さも絶妙。
もう、このあたりで、涙目になってる。



きゃ~、焼いて甘く味付けしたイチジク。
きゃ~、こんなおいしいの食べたことないっ。
イチジクそのものもかなりいいものみたい。
きゃ~。



ぐじ~。
お出汁がかかっているおかげで、
しっとりと柔らかくジューシーな身になっている。
皮はしっかり香ばしい。
すごいバランス。



はい、でた、肉!
ヘレです。
んんっまい。
和食屋さんのお肉はたいてい変な霜降りがおおいけど、
さっすがでござる。



なめこそば。
全体の山と谷がいい。
そばでもやっていけるんじゃ?



きた、これー、鱧。
鱧しゃぶ。
ゴージャス。
関東の人にはわからんだろうなぁ。
この繊細かつ野趣あふれる鱧の旨味♪



鱧しゃぶには、はい、これ、まったけチャン。
細かいのもまったけチャン。
上品な出汁が出ます。



一人一つづつの鍋。
火は炭。
もったいな~い。



お出汁が余ったら鱧の雑炊。
んぎゃ~~~、失神。



このピュリニーも、すばらしく、んんまい。
まだ若いけど、きれいな旨味があってここの料理にむちゃ合う。
お酒は持ち込みもokとのこと。
「お酒の知識がまだあまりないので、ぜひ」と。
この若きご主人のひたむきな態度も、好感持てちゃう。
いいわ、いいわ、アタシが面倒見ちゃうわよ~ん。



手作り感満載の栗饅頭のあとに、
これ。
変わった形の葡萄にグレープフルーツのジェリ~。
完熟の甘味と酸味で、気持ちよく終了。
栗饅頭なんて、あたしゃ、大ッ嫌いだけど、
ここのは、むは、食べられた。
なんで・・・・。


有名料亭にて修行の後独立してこの店を開いて一年とか。
ひとつひとつが完璧。素材を生かしているけれど、ちゃんと仕事がなされている。
淡いけれどしっかり芯のある、塩梅のよさ。
そのうえ、とても品がある料理。
器の使い方も絶妙。
すばらしいの一言。
また行きます、絶対行きます、必ず行きます。

ひとつ残念なのはお酒の品揃えかな。
ワインが少ない。
あとは、日本酒も・・・・。
私が一生飲まないと決めた富山の「立×」がある。
この「×山」がある店には、絶対行かないと誓ったけど、
ううう~~~~ん、ここは別だな。
ま、いい。
今からお酒のお手伝いをして、
ここのすばらしい料理を何倍にも引き立てるようにいたしますわ!

店名?
ごめん。
まだ、書きたくないの。



♪♪♪

2 件のコメント:

いまい さんのコメント...

ええ~~。
知りたい・・・。

それにしても毎日美味しそうなものばかり
召し上がってますなあ。

断乳完了したので呑みに行きましょう~!

友 田 晶 子(ともだ あきこ/ Tomoda, Akiko) さんのコメント...

うわ~、いまいチャン!
コメ、ありがとう。
この和食屋さんは、本気でおいしいです。
乳完了したなら、ご飯&飲み、行こうぜ~い。



ともだ