2018年10月6日土曜日

第7回平成30年度関西醸友会講演会にて講演させていただきました


 


関西の名門蔵が集まる「関西醸友会」様の講演会にて、SAKE女の会代表として、またトータル飲料コンサルタントとして、またお酒ラヴァーの女性代表として、お話しをさせていただく機会を頂戴しました。




7回目の今回はのメインテーマは『日本酒のブレイクスルーに向けて』。京都市内の会場には、日本酒製造に携わるプロの方々を中心に150名様ほどが集結。



まずは、「日本酒のホット販売への挑戦」を日本盛㈱研究室井上豊久様が。また、「30年産問題から日本のコメを展望する」を農業評論家土門剛様、「海外での日本酒市場の真の創造とJFOODOの役割について」をJFOODO事務局長大泉裕樹様がお話しされ、そして、われらが田崎真也先輩も「ソムリエによる日本酒のテイスティングとその目的」と題してお話をされるという、かなりプロ向けの、超専門家先生方の講演会です。
緊張しますね・・・・。






私のテーマは『女性からみた、海外から見た、日本酒の現状と未来 ~飲み手の気持ち、おわかりですか?~』です。
造り手の方々の勉強の場で、私がお話しできるのは、飲み手の気持ちだからです。
日本酒造組合中央会が今年発表した報告によりますと、1988年から2018年の30年で、もっともお酒の消費率が伸びたのは、4050代の女性だそうです。今や若い男性よりもこの世代の女性陣の方がうんとお酒を飲むのです。ま、実感ですが(笑い)。





現在1400名いるSAKE女の会員様の6割は、実はこの層。まさに、お酒を愛し、お酒文化をを謳歌しているのがSAKE女なのです。
私以外にももちろんこの会員様から声をたくさん集め、今回の講演会参加の皆様へお役立ていただける情報をご提供しようというのが目的です。




緊張の45分。盛りだくさんの内容を準備しすぎて、最後までお話きれなかったところが悔やまれますが、それでも、温かい拍手で終了できました。残りは、あとの「意見交換会」(懇親会)でお話しし、うれしたのしい二次会にまでお呼びいただき、名門蔵の皆様と交流を深めさせていただきました。
今の日本酒メーカー様の悩みや問題点も少し見えたようにも思いました。私たち、最もお酒を飲む世代が、きっと、何かお手伝いができるはずだと信じています。
日本酒の未来はきっと明るいと信じています。








このたび、講演ご依頼を頂戴しました関係各所の皆様に心より感謝申し上げます。大変いい機会を頂戴しました。ありがとうございました。














2018年9月8日土曜日

香住鶴主催「フルーツとスィーツを楽しむ日本酒ランチ」@兵庫豊岡

常々、日本酒とフルーツやスィーツはよく合う美味しい組み合わせとお伝えしている。
このたび、兵庫県の香住鶴㈱様主催で、その名もずばり『フルーツとスィーツを楽しむ日本酒ランチ』を開催した。
全量生酛山廃で仕込む香住鶴は、幅広い商品ラインナップなので、香りと果実味豊かな果物や、軽快な、また濃厚なスィーツともばっちり組み合わせて楽しむことができる。
 

会場は兵庫県豊岡市の「アール・ベル・アンジェ豊岡」。邸宅風のウェディングパーク。開催日は、まだ暑さがたっぷり残る9月1日(豊岡の夏の暑さは有名!)。数か月前から入念な準備を重ねての開催となった。
今回は女性限定のランチ会。お酒といえばまだまだ男性のイメージだけど、フルーツとスィーツメインならば、やっぱり女子会でしょ!
受付は香住鶴スタッフ。著書もSAKEグラスも販売しています💛
お酒はすべてグラスに注ぎ、料理やフルーツ、スィーツに合わせてお配りするが、それ以外のお酒もたっぷり用意され、たくさんの飲み比べができる趣向。
そしてなんてったって「SAKEぐらす」。おしゃれに華やかに日本酒を楽しむならば、おちょこじゃなくて、グラスでしょ。またお酒の特徴に合わせ、グラスを変えるのも当然。透明度の高い、また香りや味を一層引き立てるその名も「SAKEぐらす」なのだ。
香住鶴の従業員は皆様、日本酒きき酒師、日本酒ナビゲーターを取得している。あ、当たり前ですね。あ、当たり前ではないお蔵元様も、結構あるようで…。
本日のスタートは、濁りスパークリングの「金魚」。夏向きのかわいいスタイリングに、山廃らしい、乳酸菌が生きた、まるでヨーグルトドリンクみたいに爽快な発泡清酒。
そして、なんといっても、今回のサーブは全員香住鶴の従業員スタッフの皆様。とくに女性陣は、まるでソムリエのようないでたちで、すっごくかっこいいのだ。






まずは、香住鶴の魅力と本日の楽しみ方の説明を。

お待たせしました、スパークリング酒で乾杯!
日本酒のボトルがあるから日本酒の会とわかるけれど、ちょっとみるとイタリアンやフレンチの会のよう・・・。
ご挨拶と乾杯後は会場を巡り、お酒のお話、ペアリングのお話、様々なご質問にお答えする。

天井が高く、広く、居心地のいい会場。お客様は約50名。キャンセル待ちもあったとか。
 ご参加の皆様とご一緒に。

 ペアリング以外のお酒を試す方も。


京丹後からいらしたお客様。酒販店を経営されており、体験のためにご参加。ありがとうございます!
ご友人とご参加。果物や甘いものと日本酒なんて初体験だけど、おいしくてびっくり。
こちらもご友人と。いろんな幅広い楽しみがあることに感激。
こちらは前菜。クリームチーズのカナッペと濁りスパークリングは抜群の相性。
きのこのクリームパスタは山廃の純米吟醸と。心地いい酸味のある山廃だからこそ、このソースのパスタとの相性がよくなる。
 ポークソテー、リンゴのソース。しぼりたて山廃の生酒をソーダ割りでレモンを添えて。こってりとコクのある肉料理はソーダ割りで爽快に。
また、吟醸の香りはリンゴソースとベストマッチ。
さてここからが本番。新鮮なフルーツの盛り合わせ。リンゴやバナナ、ジューシーな桃にブドウ。さらに生酛山廃に合わせヨーグルトソースもたっぷりと。生酛純米大吟醸福智屋と。
スイーツは和風洋風、軽快な味わい、濃厚な味わいとこれまた盛沢山。生酛大吟醸福智屋。チョコレートやモンブランには、山廃25度も。アルコールが高いけれど、そのままストレートがスイーツとは美味しい。
バニラアイスには、生酛10年古酒但馬の伽羅。日本酒だけどきれいな熟成を重ね、コニャックやウイスキーやラムにも負けない食後酒なのだ。もちろん山廃25度も。
 この美しい色合いもクラスなら楽しめる。
今回のスタッフの皆様。女性陣のかっこいいこと!みなさも疲れさまでした!!









フルーツやスィーツとの組み合わせを体験したい方、来年もまた開催予定だそうです。場所は、さて、お楽しみ♪
今回ご参加の皆様、ありがとうございました。







フルーツやスィーツとのペアリング体験をご希望の方、主催ご希望のお蔵元様、お気軽にお問い合わせください。
お問合せはこちらまで。
SAKE女の会事務局 info@omotenashi-sakejo.com








2018年6月1日金曜日

これまでの常識は非常識?! ワインの楽しみ方セミナー@㈱サンギ様


ハイドロキシアパタイトでオーラルケア製品を販売する㈱サンギ。「アパタイト」の商品名は知っているでしょう? もしくは「芸能人は歯が命!」の名キャッチコピーのCMをご存知の方も多いと思います。
同社社長でオーストラリア人のロズリンさんをはじめ、女性社員の方たちとは、ワインを通じてお付き合いをさせていただいており、ときおり「女子会」でご一緒します。

今回は、年に一度の社員総会にお呼ばれし、ワインをテーマにお話をさせていただきました。
題して『今までの常識は非常識?! ワインの新しい楽しみ方』。

ワインの市場や産地、種類、歴史、楽しみ方に料理との合わせ方、実はワインのマナーも時代とともに変わっていることなどをみっちり40分間お話しします。みなさま、しっかり聞いていただきましたー。なかにはメモを取る方も。ワイン好きの方が多いようです。

本日もSAKE女検定認定のスカーフでお話しします。
実は、この㈱サンギさんにはSAKE女がたくさんおられるのです♪

総会後は、社員皆さまで懇親会。会場は素敵なイタリアンレストラン。お隣がロズリン社長。もうとにかくチャーミングな方♪ 奥のグレーの紳士は会長です♪ 

懇親会では本の紹介もさせていただきました。

お食事に合わせたワインは、今年の第12回フェミナリーズ世界ワインコンクールで金賞銀賞受賞の日本ワインをセレクトしました。
左から「ハギー・スパーク」(大和葡萄酒/山梨)」、「オリウエ 甲州(SADOYA/山梨)」、「五一ワイン メルロー」(林農園/長野)の3種。

はい、SAKE女のみなさま♪ 
男性の方たちも先輩後輩も、幹部も新入社員も、社員の方たちは、皆さん楽しそう。本当に和気あいあいで、とても素敵な会社なのだと実感です。
最後にはビンゴで大盛り上がり!
また女子会、やりたいで~す。









全国の企業様、貴社の総会、文化会、記念の会などで、「ワイン」「日本酒」「焼酎」「ビール」・・・などなどの楽しみ方講座を取り入れませんか?
お酒の知識や楽しみ方、マナーなどを知っていただくことも大人のたしなみ。おもてなしにも欠かせません。
ご希望に合わせた公園やセミナーを開催します。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

(一社)SAKE女の会事務局