2018年9月8日土曜日

香住鶴主催「フルーツとスィーツを楽しむ日本酒ランチ」@兵庫豊岡

常々、日本酒とフルーツやスィーツはよく合う美味しい組み合わせとお伝えしている。
このたび、兵庫県の香住鶴㈱様主催で、その名もずばり『フルーツとスィーツを楽しむ日本酒ランチ』を開催した。
全量生酛山廃で仕込む香住鶴は、幅広い商品ラインナップなので、香りと果実味豊かな果物や、軽快な、また濃厚なスィーツともばっちり組み合わせて楽しむことができる。
 

会場は兵庫県豊岡市の「アール・ベル・アンジェ豊岡」。邸宅風のウェディングパーク。開催日は、まだ暑さがたっぷり残る9月1日(豊岡の夏の暑さは有名!)。数か月前から入念な準備を重ねての開催となった。
今回は女性限定のランチ会。お酒といえばまだまだ男性のイメージだけど、フルーツとスィーツメインならば、やっぱり女子会でしょ!
受付は香住鶴スタッフ。著書もSAKEグラスも販売しています💛
お酒はすべてグラスに注ぎ、料理やフルーツ、スィーツに合わせてお配りするが、それ以外のお酒もたっぷり用意され、たくさんの飲み比べができる趣向。
そしてなんてったって「SAKEぐらす」。おしゃれに華やかに日本酒を楽しむならば、おちょこじゃなくて、グラスでしょ。またお酒の特徴に合わせ、グラスを変えるのも当然。透明度の高い、また香りや味を一層引き立てるその名も「SAKEぐらす」なのだ。
香住鶴の従業員は皆様、日本酒きき酒師、日本酒ナビゲーターを取得している。あ、当たり前ですね。あ、当たり前ではないお蔵元様も、結構あるようで…。
本日のスタートは、濁りスパークリングの「金魚」。夏向きのかわいいスタイリングに、山廃らしい、乳酸菌が生きた、まるでヨーグルトドリンクみたいに爽快な発泡清酒。
そして、なんといっても、今回のサーブは全員香住鶴の従業員スタッフの皆様。とくに女性陣は、まるでソムリエのようないでたちで、すっごくかっこいいのだ。






まずは、香住鶴の魅力と本日の楽しみ方の説明を。

お待たせしました、スパークリング酒で乾杯!
日本酒のボトルがあるから日本酒の会とわかるけれど、ちょっとみるとイタリアンやフレンチの会のよう・・・。
ご挨拶と乾杯後は会場を巡り、お酒のお話、ペアリングのお話、様々なご質問にお答えする。

天井が高く、広く、居心地のいい会場。お客様は約50名。キャンセル待ちもあったとか。
 ご参加の皆様とご一緒に。

 ペアリング以外のお酒を試す方も。


京丹後からいらしたお客様。酒販店を経営されており、体験のためにご参加。ありがとうございます!
ご友人とご参加。果物や甘いものと日本酒なんて初体験だけど、おいしくてびっくり。
こちらもご友人と。いろんな幅広い楽しみがあることに感激。
こちらは前菜。クリームチーズのカナッペと濁りスパークリングは抜群の相性。
きのこのクリームパスタは山廃の純米吟醸と。心地いい酸味のある山廃だからこそ、このソースのパスタとの相性がよくなる。
 ポークソテー、リンゴのソース。しぼりたて山廃の生酒をソーダ割りでレモンを添えて。こってりとコクのある肉料理はソーダ割りで爽快に。
また、吟醸の香りはリンゴソースとベストマッチ。
さてここからが本番。新鮮なフルーツの盛り合わせ。リンゴやバナナ、ジューシーな桃にブドウ。さらに生酛山廃に合わせヨーグルトソースもたっぷりと。生酛純米大吟醸福智屋と。
スイーツは和風洋風、軽快な味わい、濃厚な味わいとこれまた盛沢山。生酛大吟醸福智屋。チョコレートやモンブランには、山廃25度も。アルコールが高いけれど、そのままストレートがスイーツとは美味しい。
バニラアイスには、生酛10年古酒但馬の伽羅。日本酒だけどきれいな熟成を重ね、コニャックやウイスキーやラムにも負けない食後酒なのだ。もちろん山廃25度も。
 この美しい色合いもクラスなら楽しめる。
今回のスタッフの皆様。女性陣のかっこいいこと!みなさも疲れさまでした!!









フルーツやスィーツとの組み合わせを体験したい方、来年もまた開催予定だそうです。場所は、さて、お楽しみ♪
今回ご参加の皆様、ありがとうございました。







フルーツやスィーツとのペアリング体験をご希望の方、主催ご希望のお蔵元様、お気軽にお問い合わせください。
お問合せはこちらまで。
SAKE女の会事務局 info@omotenashi-sakejo.com








2018年6月1日金曜日

これまでの常識は非常識?! ワインの楽しみ方セミナー@㈱サンギ様


ハイドロキシアパタイトでオーラルケア製品を販売する㈱サンギ。「アパタイト」の商品名は知っているでしょう? もしくは「芸能人は歯が命!」の名キャッチコピーのCMをご存知の方も多いと思います。
同社社長でオーストラリア人のロズリンさんをはじめ、女性社員の方たちとは、ワインを通じてお付き合いをさせていただいており、ときおり「女子会」でご一緒します。

今回は、年に一度の社員総会にお呼ばれし、ワインをテーマにお話をさせていただきました。
題して『今までの常識は非常識?! ワインの新しい楽しみ方』。

ワインの市場や産地、種類、歴史、楽しみ方に料理との合わせ方、実はワインのマナーも時代とともに変わっていることなどをみっちり40分間お話しします。みなさま、しっかり聞いていただきましたー。なかにはメモを取る方も。ワイン好きの方が多いようです。

本日もSAKE女検定認定のスカーフでお話しします。
実は、この㈱サンギさんにはSAKE女がたくさんおられるのです♪

総会後は、社員皆さまで懇親会。会場は素敵なイタリアンレストラン。お隣がロズリン社長。もうとにかくチャーミングな方♪ 奥のグレーの紳士は会長です♪ 

懇親会では本の紹介もさせていただきました。

お食事に合わせたワインは、今年の第12回フェミナリーズ世界ワインコンクールで金賞銀賞受賞の日本ワインをセレクトしました。
左から「ハギー・スパーク」(大和葡萄酒/山梨)」、「オリウエ 甲州(SADOYA/山梨)」、「五一ワイン メルロー」(林農園/長野)の3種。

はい、SAKE女のみなさま♪ 
男性の方たちも先輩後輩も、幹部も新入社員も、社員の方たちは、皆さん楽しそう。本当に和気あいあいで、とても素敵な会社なのだと実感です。
最後にはビンゴで大盛り上がり!
また女子会、やりたいで~す。









全国の企業様、貴社の総会、文化会、記念の会などで、「ワイン」「日本酒」「焼酎」「ビール」・・・などなどの楽しみ方講座を取り入れませんか?
お酒の知識や楽しみ方、マナーなどを知っていただくことも大人のたしなみ。おもてなしにも欠かせません。
ご希望に合わせた公園やセミナーを開催します。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

(一社)SAKE女の会事務局




2018年4月16日月曜日

シャンパーニュツアー・パリの観光とグルメ体験リポート


第12回フェミナリーズ世界ワインコンクールの審査翌日には、待望のシャンパーニュツアーに出かけました。
午前中は、シャンパーニュ・ロンバール社の訪問。午後はかのアンリ・ジロー社を訪問しました。


創業は1625年。現在12代目と13代目が運営をしています。



この卵型の容器が特長です。



クラシックなスタイルのコルクの「フュ・ド・シェーヌ」。開け方を教えてくれました。


「エスプリ・ナチュール」「フュ・ド・シェーヌ マルチ・ヴィンテージ」「ロゼ・ダム・ジャンヌ」

 「ラタフィア・ド・シャンパーニュ」は食後酒として。



素敵なエントランスでパチリ。



エペルネでランチなら絶対おすすめが「シェ・マックス」。
メゾン訪問の時間のない慌ただしい中でも、しっかり対応してくれ、それでいて本気でおいしいレストランです。


 旬のホワイトアスパラ。

すごく軽い味わいのフォワグラのテリーヌ。フォワグラ苦手の友田ものけぞる美味しさい!


そして名物の「タルタルステーキ」! 見事! 混ぜ合わせる様も素敵なエンターテイメント。助合わせのポテトも絶品!



もちろんチーズも、デザートも。
これで約30分出てて来た。
フランスではありえないスピード!!
ご紹介の弘美さん、感謝です♪
皆さん、エペルネに行ったらここですよ。





こちらはランスの大聖堂。シャンパーニュに行くならやはりここを訪ねないわけにはいきません。大製造の奥にはシャガールが作ったステンドグラスもあります。






こちらはパリ情報。


有名な「カフェ・フーケ」。
赤いテントが印象的です。

青い空と白い雲が印象的な凱旋門。
敬礼しているわけではない。

日本酒がどんな風に売られているかちょっと視察。和食材の「京子」さん。




人気の「ISSE」さん。酒器もきれいに並べられ、お酒の管理状態も素晴らしいです。

パリの町でもやっぱり「タルタルステーキ」。だって日本では食べられないから・・・・。

こちらまマグロのタルタル。白ワイン「マコン」にぴったりです。

 パリらしいデザート「イル・フロッタント」。


 アールデコの内装がパリっぽい、「ブイヨン・ラシーヌ」。

記念撮影。ここではお訪ねした「シャンパーニュ・ロンバール」で乾杯でした!

 ホタテのソテー。
 ここでも「イル・フロッタント」と⇓のアイクリームの盛り合わせ。濃厚っ!





カフェでは、「クロック・マダム」と「サラダ・ニソワーズ」。なんとご飯が入っている!日本人にはしっくりきません・・・・。


フレンチ飽きたらベトナム料理。フォーの出汁にほっとするのです。






フランスの旅の楽しみは食べることにあります。旅の中ではダイエットは忘れて、思いっきり食べまくるのです。
来年はさてどんな旅になるか・・・・・。





第12回フェミナリーズ世界ワインコンクールの様子はこちら。


シャンパーニュ・ロンバール社訪問リポートはこちら。