2018年11月18日日曜日

「香港インターナショナルワイン&スピリッツフェア2018」リポート



開会式

エントランス

ジャパン・パヴィリオンは連日大人気

世界のワイン・スピリッツ市場の良質なハブ、香港


11回目となる『香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア』(香港貿易発展局主催)が、118日(木)~10日(土)、香港コンベンション&エキシビション・センターにて開催された。会場には33の国・地域から1075社が出展、約70のイベントやセミナー、試飲会で大変な盛り上がりをみせた。

2008年、香港政府がワインのすべての輸入関税と行政管理を撤廃したことにより、香港におけるワインの輸入額は2007年の16億香港ドルから2017年には120香港ドルへと約7倍に増加した。ユーロモニターの調査によるとアジアと中国本土のワインの需要は引き続き強く、2017年~2022年のアジアにおけるワイン売上額は毎年6.7%増加する見込みとしている。空と海の交通の利便性と優良な保管施設を備えた自由貿易地として、香港はもっとも費用対効果の高いワイン流通ハブとして世界的に認知されている。


フランスは最大エリア



多彩な講師陣による数々のセミナー


日本ワイン、強豪インドや中国との市場競争も視野に

今回のフェアでも、世界のワイン取引業者、なかでもフランスをはじめとするクラシックなワイン生産国、輸送面でメリットの大きいワイン新興国オーストラリア、また最も新しい国インドも、香港と香港を窓口とした中国本土へビジネスを拡大する出発点として香港ハブを強く支持している様子がうかがえる。
ちなみに、香港のワイン輸出額は28.7億香港ドル(37千万米ドル)。ワインの輸入額は914,000万香港ドル(117,000万米ドル)。つまり輸入した3分の1が再輸出されている計算になる。香港の先にある中国メインランドという巨大なマーケットがちらりと見えてくる。
世界視点からすれば超新興国とみられる日本ワインは、サントリーワイン、シャトー・メルシャンをはじめ、長野から塩尻ワイン協会(塩尻市産業振興事業部産業政策課)北海道から北海道ワインらがJETROJFOODOの協力により出展した。日本酒とともに、和食には日本産ワインという傾向が徐々に始まりつつある。人気とともに日本産ワインの需要が伸びることを期待したいが、世界の壁はまだまだ高い印象だ。しかし、香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」にて「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤードロゼ 2016」、「同 長野シャルドネ 2015」がフードマッチング部門で金賞およびベストワイントロフィーを獲得(関連記事はこちら)品質の良さは確実に世界市場で認められ始めている。
また、ワイン造りに恵まれた気候と土地を持つ中国産ワインの強烈な勢いがある。競争規模の大きいワイン市場。品質向上目まぐるしく日本政府の後押しもある日本産ワインの生きる道を明確にする時期だ。


目立つ中国産ワイン
  
ジャパン・パヴィリオンでのセレモニー

日本産ワインも精力的に出展

こちらは日本産の豚肉!

日本清酒文化交流會ブース

熊本ブース

新潟ブース

香港では、清酒の「量より質化」が明確に


貿易統計によると、2017年の清酒の輸出数量は23,500kl で前年比19.0%増。輸出金額は187億円で20%増。数量・金額ともに8年連続で過去最高を更新する、絶好調の波に乗っている。
輸出相手国・地域としては、1位アメリカ合衆国、2位大韓民国、3位中国人人共和国、4位台湾、5位香港。フェア開催地である香港の2017年輸出数量は1877klと前年96%とダウンだが、輸出金額ベースでは1位のアメリカに次ぐ2位で約28億円の取引高を記録した。量より質に変化してきているとみていいだろう。
フェアには、新潟県酒造組合、岐阜県、熊本商工会議所が出展。現地取引がすでにある、栃木県産酒、福島県産酒、愛知県産酒、山形県産酒なども現地業者ブースから多数出展(日本清酒文化交流會など)。  
JAPAN PAVILLIONで行われたオープニングセレモニーでは、フェア主催の香港貿易発展局より、ベンジャミン・チャウ上席副総裁、マーガレット・フォン事務局長、さらには、松田邦紀在香港日本国大使兼総領事が参列。チャウ氏、フォン氏ともに、最終日には個人的に日本酒や梅酒を購入する予定と日本産酒のファンであることを表明してくれた。
日本ブースでは、BtoBBtoCのお客様が連日訪れ大盛況だったが、中国本土には、今だ新潟、福島など東日本産酒類の輸入が規制されている。東北をはじめとした東日本には、まさに世界の通が欲しがる銘酒が揃っており、規制解除の話も見え隠れしてはいるが、輸出側も輸入側もどうにも歯痒い思いが募る状況である。今のところは、規制のない香港が窓口となり、その先にある巨大な市場への参入を見据え準備を整えるべきだろう。

ウイスキーセミナー

ウイスキーセミナー

アイスバーでもスピリッツセミナーが人気

シェリーと中国料理のペアリングセミナー

久米仙酒造の琉球ウイスキー

笹の川酒造のジャパニーズウイスキー「山桜」


あらたなクラフト・ジャパニーズ・ウイスキーの登場


また、焼酎をはじめとした蒸留酒、とくにジャパニーズ・ウイスキーの出展がかなり注目を浴びていた。そもそも日本の大手メーカーのウイスキーがここ10数年、世界中から脚光を浴び、ストックの少なさからネット価格が異常な数値をはじき出し、売りたくても売るものがないという想定外の状況を呈している。
先にも記したが、2017年度の日本酒の輸出金額は187億円(前年比120%増)だが、ウイスキーは136億円(前年比126%増)。たぶん今年度か来年度には日本酒を追い越すとみられている。
それを受け、大手メーカーや新設の蒸留所、さらには焼酎蔵、蒸留設備を持つ清酒蔵も、独自のウイスキー、さらには同じく盛会的注目を集め始めているジンの製造し始めている。
注目株は、福島県郡山市の笹の川酒造「ブレンデッドウイスキー 山桜」だ。香港中心地の人気和食店やフュージョン料理店ではすでにオンリストされ、店のオリジナルウイスキーの製造も請け負い始めている。
さらには、琉球泡盛からは沖縄産ウイスキー「鯨 KUJIRA Aged20year/久米仙酒造」が地元業者から出展。香港でのみの取り扱いとのことだが、なめらかで樽熟成からくる深く香ばしい味わいが好印象。べーつが泡盛というオリエンタルな雰囲気もいい。いずれ逆輸入されるのではないだろうか。
そのほか、ジャパニーズ・クラフト・ジンの展示も多く、ますます期待値が高くなっている。


ミッキー・チャン氏の日本酒セミナー

セミナーでの飲み比べ

ガラディナー


食中酒=Shochuではなく、プレミアム・ジャパニーズ・スピリッツとしての提案

ジャパニーズ・ウイスキー、ジャパニーズ・ボタニカル・クラフトジンの人気からも想像できるように、これからは日本産蒸留酒へと市場の興味はシフトしていくのだはないだろうか。清酒の後を追いかけてきた焼酎だが、「アルコール25度の食中の酒=Shochu」というスタンスではなく、アルコール40度のジャパニーズ・スピリッツとしての提案を考えるべきだろう。麦ベースの蒸留酒は世界中が慣れているし、日本産の米の蒸留酒なら、希少性もありプレミアム価値も高い。なにせ、世界のスピリッツ市場はアメリカのみで134億円。世界で30兆円。その0.1%を取ったとしても300億円だ。ちなみにアメリカ・アジアを制しているSoju(韓国焼酎)は、日本レストランでの展開が多いそうだ。スピリッツならバー・シーンを狙うことも考えるべきだろう。実際、今回のフェアでのスピリッツセミナーやイベント、ブースの人気はことのほか盛り上がっていたし、ソムリエよりも世界のバーテンダーたちの活躍が格段に目立っていたのも今を表しているようにみえた。



参加の国&地域
オーストラリア、ブルガリア、カナダ、チリ、中国、チェコ共和国、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、インド、インドネシア、イタリア、日本、韓国、モーリシャス、メキシコ、モルドバ、ニュージーランド(初参加)、ノルウェー(初参加)、ペルー(初参加)、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン(初参加)、スイス(初参加)、台湾、タイ、イギリス、米国


岐阜県から渡辺酒造

栃木県から島崎酒造

栃木の片山酒造は「原酒のみ」で勝負

和歌山から「而今」の平和酒造









2018年11月16日金曜日

「あいたい兵庫キャンペーン2018」にて兵庫のお酒と食のお話をさせていただきました



JTB協定旅館ホテル連盟兵庫支部様、兵庫県様、(公社)ひょうごツーリズム協会様の主催による兵庫県観光PR会(@シェラトン都ホテル東京)にて、兵庫県のお酒と食の魅力についてお話をさせていただきました。
カニの解禁に合わせ、多彩な温泉や自然遺産、歴史遺産などを有する兵庫県の魅力を、首都圏を対象に大々的に開催するPR会です。
もちろん兵庫といえば、灘をはじめ、伊丹、播磨、丹波、但馬、淡路と各地域ごとにすばらしい清酒が生まれる日本酒王国でもあります。今回は酒と食の魅力を前面に押し出した内容ということで、お手伝いをさせていただくことに。SAKE女の会でもお世話になっているお蔵元様も多い県ということで、張り切って参加させていただきました。



キャンペーンのテーマは「あいたい兵庫 兵庫遺産が紡ぐ物語」。兵庫には残すべき“遺産”がたくさんあるのです。



イベント当日は、兵庫各地から「大使」や「ミス」も集結。キレイどころカワイどころがずらりで、実に華やかさ満点なのです。各地域のPRも、緊張とともにしっかり伝えてくださいました。


 さて、私の番。全国の地酒と比べつつ、兵庫県の日本酒の特徴と魅力をお伝えします。

こちらはひょうごツーリズム協会様のPRビデオより。城崎温泉ではカニとともに地酒「香住鶴」がおすすめです。

お酒とともに合う郷土料理、カニはもちろん、神戸牛に但馬牛、姫路おでんにアナゴ料理、丹波篠山のボタン鍋やモミジ鍋、明石の鯛にタコに、淡路は夏には鱧、冬にはフグ・・・と、もうもう食いしん坊にはたまらないラインナップをご紹介します。

PRタイムの後は懇親会。でました、きました、これです、これ。今の時期しか食べられないセイコも高価なズワイも、ゆでからお刺身まで、たっぷりの試食会です。すごい・・・・。

 強烈な霜降り! ザ・コーベビーフの登場! 好きな人は好きです💛

 養殖のトラフグ。しっかり3年間育ててから出荷。歯ごたえがたまりません。

今日一番感動のアナゴの焼き物とそうめん。繊細なお出汁に香ばしいアナゴがすごいバランス。お酒のあてにも最高です。「龍力の米のささやき」など合いそう。

 「スマイル神戸」親善大使さんはお酒のサービスを。かわいいんです💛


懇親会の最後には、なんと、カニのセリ体験も。
盛り上げ上手のセリのお兄さん(なんと、城崎旅館のオーナーだとか)の掛け声で、会場のお客さんが本気でセリに挑戦します。
カニの初競りで1杯30万円以上(ご祝儀価格ですね、それにしてもすごい)するというズワイガニ。今回のカニも1杯2万円以上という高級品を、なんと、3,000円とかでセリ落とす、超超お買い得なセリ体験です。みんなぁ、価値、本当に、わかっているかなぁ・・・・。


そういう、私も、ふふふ、セイコガニ10杯入りを1000円でお落としましたーっ!町で買えば最低でも5000円。お得です。

 湯村温泉、朝野屋の浅野泰昌社長(左)と城崎温泉、西村屋西村肇会長。


有馬温泉、兵衛向陽閣の風早和喜社長。思わずあのCMの音楽がよぎる~。

イベントには名だたる有名ホテル・名旅館の皆様が参列する、料理のみならず、とても豪華なPR会でした。
皆様、これからの時期ますますおいしいもの満載の兵庫県に足を運んでください。足の便もすこぶるいいところです。

あいたい兵庫キャンペーンはこちら


朝野社長おすすめの“温泉スィーツ”。練乳を温泉につけておくと“メイラード反応”でキャラメルのようになるのだとか。クリーミーでちょっと香ばしくて、食後酒と一緒にもグッドな味わい。温泉ならではの楽しみです♪

自分で競り落としたセイコ。わがふるさと福井の海のセイコと味わいが違うところがなんとも面白い・・・・とか言いつつ香住鶴と舌鼓。
皆様お世話になりました。






お酒と食に関する、地域PR、講演会、勉強会、売上向上支援コンサルティングなどお受けいたします。勉強会を受けていただくと必ずや飲料部門の売上向上に結びつきます。ぜひこの機会に。
お問い合わせはお気軽に。








2018年10月6日土曜日

第7回平成30年度関西醸友会講演会にて講演させていただきました


 


関西の名門蔵が集まる「関西醸友会」様の講演会にて、SAKE女の会代表として、またトータル飲料コンサルタントとして、またお酒ラヴァーの女性代表として、お話しをさせていただく機会を頂戴しました。




7回目の今回はのメインテーマは『日本酒のブレイクスルーに向けて』。京都市内の会場には、日本酒製造に携わるプロの方々を中心に150名様ほどが集結。



まずは、「日本酒のホット販売への挑戦」を日本盛㈱研究室井上豊久様が。また、「30年産問題から日本のコメを展望する」を農業評論家土門剛様、「海外での日本酒市場の真の創造とJFOODOの役割について」をJFOODO事務局長大泉裕樹様がお話しされ、そして、われらが田崎真也先輩も「ソムリエによる日本酒のテイスティングとその目的」と題してお話をされるという、かなりプロ向けの、超専門家先生方の講演会です。
緊張しますね・・・・。






私のテーマは『女性からみた、海外から見た、日本酒の現状と未来 ~飲み手の気持ち、おわかりですか?~』です。
造り手の方々の勉強の場で、私がお話しできるのは、飲み手の気持ちだからです。
日本酒造組合中央会が今年発表した報告によりますと、1988年から2018年の30年で、もっともお酒の消費率が伸びたのは、4050代の女性だそうです。今や若い男性よりもこの世代の女性陣の方がうんとお酒を飲むのです。ま、実感ですが(笑い)。





現在1400名いるSAKE女の会員様の6割は、実はこの層。まさに、お酒を愛し、お酒文化をを謳歌しているのがSAKE女なのです。
私以外にももちろんこの会員様から声をたくさん集め、今回の講演会参加の皆様へお役立ていただける情報をご提供しようというのが目的です。




緊張の45分。盛りだくさんの内容を準備しすぎて、最後までお話きれなかったところが悔やまれますが、それでも、温かい拍手で終了できました。残りは、あとの「意見交換会」(懇親会)でお話しし、うれしたのしい二次会にまでお呼びいただき、名門蔵の皆様と交流を深めさせていただきました。
今の日本酒メーカー様の悩みや問題点も少し見えたようにも思いました。私たち、最もお酒を飲む世代が、きっと、何かお手伝いができるはずだと信じています。
日本酒の未来はきっと明るいと信じています。








このたび、講演ご依頼を頂戴しました関係各所の皆様に心より感謝申し上げます。大変いい機会を頂戴しました。ありがとうございました。